自宅で歯を白くする方法!「イチゴ」を使った斬新な方法とは?

歯を白くすることは、健康的で清潔な印象になります。
歯の黄ばみを改善して白くしたいというときに、歯を白くする方法としては歯科でホワイトニングをしてもらうという方法が挙げられます。
しかし、ホワイトニングは費用が高いためセルフケアで白くしたいという人もいると思います。
そんな場合の歯を白くする方法としては、簡単に購入出来るものを使って歯を白くすることができます。
セルフケアで歯を白くする方法としてオススメするのが、イチゴを使った方法になります。
イチゴはビタミンCが豊富に含まれているフルーツですので、肌にいいことがわかっています。ビタミンC以外にも、キシリトールやリンゴ酸という成分が含まれており、これが歯を白くします。
イチゴに含まれるキシリトールは口の中の酸を中和させて、虫歯菌の活動を妨げる働きがあります。また、歯垢をつきにくくする効果も期待することができます。
リンゴ酸は歯を白くする効果があります。リンゴ酸はピーリング剤にもよく使われている成分で、歯の黄ばみを浮かせて剥がしやすくする作用が期待できます。まず、歯の黄ばみを浮かせて剥がしやすくした後にケアをすることで歯を白くすることが可能です。
イチゴを使った歯を白くする方法としては、食事をした後にイチゴを一粒潰したら、歯の表面に塗って3分程度そのままの状態をキープします。その後に、歯ブラシで優しくブラッシングをしてから水でゆすいで完了です。
即効性のある方法ではないため、毎日続けていくことが大切となります。